LINEで送る
 

  1. 安詳塾 塾長
  2. 指導員補助
 安詳塾 塾長
  • 川本宇天
  • 小学6年時に、曲家道場 堀館長と出会い弟子入り。以後、ルールに囚われない実践的な戦いの指導を受けることになる。
  • 小学6年~始めた少林寺拳法では正拳士四段を保持している。
  • 高校入学と同時に、ムエタイジムへ入会する。試合では主にグローブ空手に出場し、K-2(新空手)で勝利を収める。「格斗打撃連盟交流大会EX ZERO」(平成18年)では優勝。
  • 大学卒業後、愛知県で就職し、ブラジリアン柔術の道場へ通い寝技を学ぶ。
  • 関東へ戻り、空手道防具付きルール初出場となった「第4回錬武館流空手道選手権大会」(平成26年)では、有段重量級の部三位入賞。以後、防具付き・硬式ルールに参戦している。
  • 平成27年、幼児を対象にした「安詳塾」(曲家道場 恵比寿支部)設立。 国際防具付き空手道連盟審判資格取得。
  • 平成28年、格斗打撃空手道連盟理事就任。
  • 平成29年、安詳塾稽古場所を聖マリアン保育園とする。
  • 平成29年、全日本硬式空手道連盟審判員(県)資格習得。
  • 幼児教育活動
    幼児教育では、進歩の能力を創ることを目的に指導している。本能を鍛える教育内容を行うため、海上でのサーフボードトレーニングや山でのスラックライン等も用いて教育実践している。
  • 近年の戦績
    • 平成26年 「第4回錬武館流空手道選手権大会」有段重量級 三位。
    • 平成27年 「第14回全国武道空手道交流大会 2015風林火山」グローブ中量級 二位。
    • 平成27年 「第32回全日本空手道選手権大会 2015国際総合空手道」防具付組手の部 中・重量級 三位。
    • 平成29年 「第34回全日本空手道選手権大会 2017国際総合空手道」グローブ中量級 優勝

 

 指導員補助(安詳塾)
  • 佐々木純
  • 拓殖大学在学中に拳法部へ入部し、三段取得。
  • 空手道では年間5大会以上に出場し続ける現役選手。 攻め続けるファイトスタイルが特徴的。
  • 「2015 拳真祭 ワールドFSA 空手グランプリ」ケイオスルール部門、軽量級の部 優勝。
  • 大学卒業後は、保育士、幼稚園教諭二種を取得し、埼玉県の民間学童保育室長の立場で子供達への教育活動に精進している。
  • 教育のモットーは、「躾に厳しく、自分達で考えて行動する。」

場 所
 聖マリアン保育園 (東京都渋谷区恵比寿)
日 時
 日曜日
 9:00-10:30 幼児部(年中児、年長児)
 10:45-12:30 小学生の部

ご質問・お問い合わせ


曲家道場 本部道場

(埼玉朝霞)

 

地域交流センター恵比寿
渋谷区恵比寿西2-8-1
©2017 安詳塾